多くの人が思い浮かべる

誰もが思い浮かべる美容整形といえば二重まぶたではないでしょうか。

これは非常に歴史のある施術でもあって、古くから美容整形クリニックで提供されてきた施術です。

この手術は手軽な割に効果が大きい方法としても知られていて、なぜならば目元に関連する手術だからです。

目元の印象を変えることができれば、相手が受ける印象を大きく変えることができます。

このようなことを考えれば、多くの人達がこの手術に関心を持っていることにも頷けるのではないでしょうか。

二重まぶたの手術といっても色々な種類があって、その中でも多くの人が知っているのが埋没法と呼ばれる手段です。

こちらは、メスを使わないので手軽な整形手術として知られていて、特殊な糸を用いることによって二重まぶたを作り上げていきます。

とても画期的な方法なのですが、デメリットもしっかりあって、糸が外れてしまったり、はれぼったいまぶたになってしまったりすることがデメリットとなります。

そして、このデメリットを解消したのが特殊な埋没法である2点留めというものです。

通常は1点留めで行うのが埋没法ですが、より改良された方法として2点留めがあります。

さらに、埋没法以外では、部分切開法や目頭切開法などのメスを使った手術もあって、それぞれメリットやデメリットを持っていますので、それらの特性を把握した上で美容整形をしていきたいところです。

目元の印象はその人の印象を決める部分でもあるので、十分にクリニック選びをしたいものです。